脳の栄養不足すると起こる病気・パニック障害

脳の栄養不足
ヒトの脳において、栄養不足による発症要因を特定することは、食生活が環境、衛生、様式、習慣など様々な原因があります。脳に必要な栄養素とその欠乏による脳への影響、また健康の影響がたくさんです。脳が正常に働くためには、身体を作り上げている、アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどが必要です。これらの栄養が十分とれている時には、脳は興奮、リラックスを状況により、バランスよくコントロールし、本来の力を発揮することが必要です。

そして、脳の栄養不足により、自律神経の働きが低下し、結果として様々な症状が身体に起こります。例えば:
1.光過敏 音過敏
2.頭重感、頭が締め付けられる。額が熱くなる
3.動悸、めまい、立ちくらみ
4.何故かモヤモヤする。ザワザワして落ち着かない
5.食欲不振、吐き気、下痢
この症状は大体パニック障害の患者さんと似合うです。

パニック障害とは、予期しないパニック発作(Panic attacks, PA)が繰り返し起こっており、1か月以上にわたりパニック発作について心配したり、行動を変えているという特徴を持つ不安障害に分類される精神障害であります。きっかけのないパニック発作は、4つ以上の特定の症状が急速に、10分以内に、頂点に達します。典型的な悪化の仕方では最終的に広場恐怖症へと進展します。

パニック障害の原因は、「脳の栄養不足」と考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です