イギリス:「餓死」がん細胞の栄養失調方法を研究して

がんの重要な特徴の一つは,栄養失調、がん細胞の急速に分裂と成長し、この過程が大量のエネルギーを支えにして、イギリス研究者を発表し、報告書は、彼らが見つけた制限ががん細胞のエネルギー源の方法が、この方式で餓死すると、がん細胞がん治療を助ける.イギリス帝国の理工学院などの機関に研究者は新一期『自然& middot;細胞生物学》の雑誌の上での報告は、がん細胞は通常にブドウ糖を得るエネルギー分解、もし体内のブドウ糖の含有量は別のエネルギー源の不足に向け、研究者の発見というNF-kBの蛋白質をコントロールしてそのエネルギー供給方式変換もしを抑えるたんぱく質の機能は、がん細胞ができないオンデマンドエネルギー供給方式変換、エネルギー供給不足の状態に入っても餓死する.研究者は実験室において、ガンの細胞で実験を行い、その制限によってエネルギー供給を制限する方式でがん細胞を殺すことができるという研究者がいる.また、タンパク質NF-kBの機能を抑えていると同時に,一種類使用既存の糖尿病薬は餓死する二甲双胍,がん細胞の効率を大幅に向上.指導の研究の吉多· ;フラン佐索教授によると、初のタンパク質を調節するNF-kB細胞のエネルギー源の機能は、これまでにも知ってがんである作用を発揮しているが、具体的なメカニズムがはっきりしないため、関連のがん治療効果もあまり理想.今回は研究し発見はそれをすることができますと二甲双胍共同使用がこの基礎の上での開発により効果的ながん治療方法.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です