日栄養士は9日、栄養失調疾病を離れて、9

あなたも自分が心臓血管疾患の高い危険な人を心配することを心配するかどうか?現代人の食習慣の変化、心臓血管疾患は、中高年の病気、靑壮年体にも発生している可能性がありそうです.そのために、日本栄養管理師1には、低塩、豊富な野菜、雑菌、十分なカルシウム、良好な脂質を摂取して軟化し、血管を洗浄して心臓血管疾患の予防予防に推薦します.

血管閉塞を引き起こす可能性動脈硬化症や心筋梗塞、脳梗塞などの心血管疾患のため、血管の介護してはならない.この血管がふさがる患者は特に血圧やコレステロールの制御を注意し、肥満者は体重管理をしなければならない.脳卒中の患者は、専門医によって取り決めるの飲食計画によって摂取しなければならない.自分で勝手に食べると、食べ物が肺に入り、肺炎などがひどい症状になる可能性があります.血管を軟化し血管を回復させる1、大量の靑果を摂取する靑果中のカリウムイオンは血圧を制御することができて、血圧を制御することができます.バナナ、オレンジ、メロン、さつま芋、ほうれん草、トマトなどがおすすめします.腎臓病患者はカリウムイオンの摂取量に注意してね(小注意):腎臓病患者にはカリウムの摂取量に注意してねばならない

2、積極的にカルシウムを補充するは、乳製品からカルシウム、カリウムイオンを摂取することが.適度にカルシウムを摂取することで血圧制御を効果的に助けることができる.もしは乳製品にアレルギーなどの人は摂取でき小魚、小松菜、豆腐、チンゲンサイなど.アルコール摂取量を制御する

3、制御アルコール摂取量お酒を飲む習慣がある人は、飲酒に注意しないように注意している人は注意している.男性は1日に2缶ビールに制御することを提案して、女性は1缶以内以内に制御することを提案します.4、塩分摂取に注意すると

4、塩分摂取いつも家におかずに塩を入れて味付けするようにして,塩を入れて味付けしなければならないし、なるべく低塩料理方式を採用して.外食も少しでも塩分含有量が少ない料理を選択して.血管を洗う、改善、予防にも予防が1、たくさんの脂肪を摂取しすぎないよう注意して

1、注意して飽和脂肪酸の摂取に注意して.飽和脂肪酸の食品は、牛肉、豚肉、ベーコン、ソーセージなど脂肪の多い肉と普通の牛乳、脂、クリーム、ラード、ヤシ油などがあります.2、逆式脂肪を摂取することは避けては

居反式脂肪の食品はよくある:インスタント揚げ物、ソーダビスケット、じゃがいも片など、これらのキャンディのビスケットがよく利用してできる食品カリカリのショートニング、クリームの代わりに植物油を材料として製造.

3,選択して良い油

選択は体にいいの油分は:オリーブオイル、ナタネ油、大豆など.

(小さい指摘:やるべき体重管理者を注意する場所も過剰摂取油脂).4、1日に20~30の食物繊維を摂取することを目標として

4,栄養失調、1日20~30代摂取

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です