私は、私の栄養失調靑の歳月を

少年は愁に困らない!

Pは、歩く道、双足は、一房の紆余曲折の痕印を殘した……

猛眠りを驚かして、私の日はもはや人生中の太陽,みるみる子供はだんだん高くの姿に知っていて、しわや白髪は他人の特許.

日きつくなくて不満で滑ること、滑ること、秋の落ち葉が漂って入った私の瞳!都会の喧騒コンクリート建築とこの世をかき乱したあの件の静かな心、案牍劳形後麻痺の脳神経は夢の目が覚めるような回復:何を盗まれた私の時間で、私はあの金の歳月が?私地団駄を踏む、隠し面ため息をついて、私はすでに若い時は二度ない、愛しい惜しいの可哀相な歳月があ!

にしても,不満そうにもない!滑る!ある日私は思ニーチェ句:すべてのいない日々に踊るのは、過去の生命のように麻痺神経血管に種を感じた液体が流れ、豚突猛進しようが、要衝を爆裂たよう!

私は彼が、彼は流れて、豚突猛進、沸いて、夢の中への方向で,栄養失調、私のための歳月は、私の歳月……!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です