天栄養失調城観夜雨

Pは、天城の雨の夜

である

をふと思い出すのは二十数年前勉強天城観の情景.

私はちょうど十数歳です、1回の作文の養成訓練班の年齢の最小の学生、私は許可されている班が解散してから読書に引き続き読書することを続けて.本を読んでいる深夜,栄養失調、窓の外に雨が降って、窓の外に出て雨を見に行きます.

雨は大きくなくて、明るい燈裏の院を引っ張って細い亮線、静かに落ち方砖に敷いていて,ゆっくりとポリから小窪一小窪の水のように、明るくこぼれた水銀.庭のあるシダレヤナギに盛んなシダレヤナギとして、少女の長髪、柔らかな風に微かに揺れる.

真は静かで、静かに少し心生疲れ.

p>と<突然音色のように、物事に深入りしないように,そよ風に吹かれる……音楽は別の庭から来る.私はいっそ階下、かすかな小雨の中からそっとその庭へ入って行った.南の部屋の網戸を上映していて漠然とした人影が、かすかに動き出した一連の箏の妙音.私が見えて江南のひとりの女の涙に書いてある白狼河北音书断ランチュウ秋の夜、城内長の詩句を、まるで見だの昭君見上げてる南へ帰る雁、将兵の白髪が見えて守備する……

猛を見上げて、見て若い女肉感的な横顔、彼女雕栏に座って本を読む.彼女はそれでは入神、雨のそぼ降るのそぼ降るのように、物寂しい、彼女の私はすべての知覚.彼女はときどき腕を持ち上がっ、目の前の長に滑ります.その時、私は彼女の美しい容貌を見ることができます……

雨、シダレヤナギ、箏、静かな女、私の体は溶けました.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です