栄養失調無題_ 1111112

Pは外の雨の窓外,栄養失調、私の心は自問しています.別れの朝はね、君が私を連れて想いなどの帰り、それともあなたは私のをきれいに洗って浮世の心?機の上の尺八を取って、指の動きの間には,いくつかの音符を吹く.しかし、すべての音符は悲しみに染まる、人の心を待つ心がある.

鉛筆立てに鉛筆を提げている.純白の速描紙には、凛は描君の姿.すべてのペン、私の記憶、かつてのあなたは.あなたの顔は、あの微笑みは魅力的、それともその静けさが私を見とれている!あなたには、このロングドレス,またはそのショートパンツの靑春、私は長い間決定することはできません.

あなたはこのように立ち去って、私の心を持って歩いて、あなたの心を殘かどうかは分からない.もし本当に魂があるならば、私は先に死んで行く、魂をあなたの身の回りに付き添う、待って、私は世に帰って、私は世の中に帰ります!実は恋しい思いは1種の幸福か1個の苦しみです!今までに正しい答えは一つもない.

雨は漸て、私はあなたを思って、私はあなたを思っています!日光は私の顔を照らして、私の体の上で.この愛の狂人は、私は、その私、その愛の狂人!ひたむきな痴情のあほう!そのかつて愛の中で愚かになり、愚かで狂って、瘋中にあなたの人を探し当てます!

人生の旅路の中で、私たちはかつての足どりで、すべての後塵の土地になる!もちろん人は同じ道を歩いて行く人はいませんが、かつて本当に歩いていたことを覚えていない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です