絆創膏絆創膏は5種類の栄養失調場合には使用しない

P生活では、クリーや擦り傷、多くの人が一番と思う、早速絆創膏を使うということです.絆創膏は1枚の貼ってないで、絆創膏はたくさんの学問があります.

私たちは常に絆創膏、特に小さい傷口から、少し血が出て、往々にして絆創膏を貼って万事万事に万事をうまくすると思って、これは実は間違っているのです.

絆創膏絆創膏、止血ペースト布と呼ばれて」.一般的に使用することは比較的淺い時計や傷口がきれいで、出血が多くないが必要でない縫合の小さい傷口からしばらく、止血、保護創面の役割.しかし、絆創膏の吸水性と通気性に劣るが、役立たない傷口分泌物の吸引、反に細菌の生長の繁殖させ、傷や週囲の肌が白くなって、柔らかくし、二次感染につながるため、絆創膏使用時間は長すぎるべきでありません.24時間後に発見を使えば、傷が痛みを感じる、発熱、腫れ激化などの異常を考慮するべきかもしれない、傷が感染、直ちに病院に行って、消毒抗感染処理.

また、多くの人は絆創膏と絆創膏をしている、これは絶対に正しくない、傷口に感染しやすいという人が多い.正しい方法は:先に傷口をきれいにする後に(3%のオキシドールで洗い流して)、絆創膏を貼って貼って倉敷を貼って.もし皮膚損傷相対的に深くて、現場では無条件に処理は、まずきれいな水で洗い流して傷、それから更に絆創膏を簡単に包帯をします;同時、急ぐべき時間近くの病院で正規消毒処理しないように、感染を起こし.このほか、絆創膏絆創膏は、あまりにも、あまりにも、傷口には、損傷部位の血液循環が阻害されていないため、このような血の血液循環が発生しやすいとされていません.

は万能貼、以下のような場合は使用できません:

p <いち> <時.動物(例えばれ猫、犬にかまない)後、絆創膏て包帯.
まず石鹸で水を流して何度もで、そしてヨードチンキ、アルコール、傷口を消毒して傷口を露出させ、狂う犬のワクチン注射.

p>に被害に<<.傷や傷口が深刻な汚染者は、病院での治療.
傷口を清創処理以前、絆創膏を使ってはいけない.すでに汚染や感染の傷傷が分泌物やうみ液の傷も使えない.

p>さん<<時.深くて狭い傷口など、刃先釘の刺し傷などが使えない、絆創膏に包帯を巻く.
止血後は傷口を暴露して、破傷風菌感染を防ぐため、傷口が必要な場合は医師の指導の下、破傷風血清注射.

p <>よんしよ<被害にやけどをします.後出現の潰瘍、張液も使えない絆創膏を貼って、分泌物を吸引するようにして二次感染.
p〉〈時はご<> .もし貼り傷口の上での絆創膏水濡れて、直ちに交換.<>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です