養生永遠に離栄養失調れないスープ

p> <ことわざに冬夏ショウガを食べて食べて大根、使わないで処方、家を備えて生姜、軽症の慌てないなどと言って、実ははショウガを食べて病気を防ぐ効果、ショウガ性辛は暖かくて、散寒発汗、痰咳を止めて、と胃、止吐くなどの保健の効果、配合に黒糖、ナツメ、緑茶などの異なるアクセサリ、不思議な効用が尽きない.

大きいナツメスープ:

ナツメ性味の甘は暖かくて、持って補う中に益の息、血を鎮める作用:ショウガ性味の辛は暖かくて、持って温中止吐く、解表散寒の作用;二者は共同使用して、生姜の役割を十分に発揮することができて、血気の流通を促進し、手足が冷たいの症状改善.また、生姜重補って暖かい、ナツメ重利益、冷えによる胃病治療が有効.

黒糖スープ:黒砂糖は血、血行をよくすることの作用に加えて、スープの中で、体表の循環を改善することができて、治療風邪.注意したいのは、ショウガ黒糖水だけに適用される寒風と寒気の風邪やシャワー後胃は冷たくて、風邪や風の熱い風邪の暑さには使用できません.

緑茶スープ:ジュースのジンジャーは熱中症、特に添えて解熱解毒、益の息気楽な緑茶、効果.作り方はとても簡単で、緑茶と姜糸を各ごグラムで、お湯は泡に突き進んでじゅう分ぐらいで.特に暑い夏と秋の暑さと交互に交互に飲むと、解熱としての効果のある効果があります.

p> <塩酢スープ:真夏の多くの人がしやすい冷房病、肩や腰背被って風、寒さ、湿邪などの病気のだろう、特に老人が再発しやすい五十肩.このような場合は、いくつかの熱いスープ1、先に熱いスープリガ塩や酢、後程タオルで浸水絞り、患部をつけます、何度も繰り返し、筋肉は张变弛、快適な筋の血行をよくすること、大きな痛みを緩和する.もしくはタオルを熬制の熱いスープ敷は四肢はだるくて痛いですから.

ジンジャーコーラ:防寒に痰の効果、増加の熱量、暖かい胃を適用し、最も、冬の風邪予防効果が良い、散冷たい風を取り除く.

熬スープは一般的に选表皮は割れ、色は鮮やかな柔らかい、膨張状態の新鮮な生姜、皺皺を選ばないでください、乾燥して黒くなった生姜.生姜表皮にわりに多い栄養成分は、スープを作る時は、皮をむいたり避けないが皮をむき、養分の流れ.张湖德最後から注意します、ショウガ性味の辛は暖かくて、およそます曇るのぼせが盛んで、目の赤い内心の焦燥者ではなく、長期の食用ショウガ.

(実習編集:叶洁斯)

       ;;;       ;;;       ;;;    <時>保健一周热文推薦   

·人体にあるまじき音:しゃっくりを·春季の養生妙方女より健康

p>と<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です