栄養失調対策

摂取する熱量が、からだの要求を満たすのにじゅうぶんでない場合や、摂取する量は足りていても、それがじ十分に吸収、利用がされない場合には、栄養不足の状態になり、栄養失調となります。では、栄養失調になったら、どうすればいいですか?

ビタミンB1を積極的に摂取する
主食で糖分をとっていてもそれを消費するためにはビタミンB1という栄養素が必要です。このビタミンB1が不足すると糖分があってもエネルギーに変えることができないのです。媚薬

筋肉をつくるためにタンパク質がが必要
最近筋力が低下してきたと感じたら、たんぱく質が不足しているのかもしれません。 高齢者にとって肉を摂らないことは逆に老化を早めてしまうことにもなります。 老化で体が衰えていくのに食事からの栄養の補給も少ない状態になると、免疫力の低下、さらには認知機能の低下もまねいてしまう。

コレステロールはしっかり
新型栄養失調を防ぐのに肉が必要なのはもう一つ理由があります。それはお肉にはコレステロールが含まれているからです。コレステロールは、 ラードやバターなどの油脂に含まれています。レビトラコレステロールは血管を丈夫にしたり、細胞膜の原料になります。

サプリメントで不足分を補う
食事も運動も進まないときは、サプリメントで補給しましょう。タンパク質不足には、アミノ酸のサプリメントで補給します。アミノ酸はまとめて補給できるように、魚肉ペプチドや大豆ペプチドなどがおすすめです。