栄養失調の定義及び危害について

栄養失調とは何か

栄養失調が栄養欠乏、栄養不足と栄養過剰を含む。現在、発展途上国で4種の栄養問題が存在していて、すなわち、タンパク質とエネルギー栄養欠乏、ビタミンA欠乏、ヨード欠乏と鉄欠乏である。これも世界範囲の四大栄養問題であるシアリス

1、栄養欠乏

栄養欠乏というのは摂取した栄養素が体のニーズを満足できなくて、各種の栄養素欠乏で特有の症状と体症である。普通には栄養欠乏症を原発性と連続性2種類に分ける。食事の栄養が不足や摂取不足による栄養障害性疾患が原発性栄養欠乏症と呼ばれる。タンパク質とエネルギー栄養欠乏、栄養性貧血や干眼病などはすべて原発性栄養欠乏症であり、十分な栄養素を補充すれば治られる。

2、栄養不足

栄養不足というのは体内にある栄養素の含有量が不足、欠乏の程度には至っていなく、無症状や軽い症状である。もしこの状態で生物化学検査を通じて適時に発見し、直ちに相応の栄養素を補充すれば、栄養欠乏症の発生を防止できる早漏

3、栄養過剰

栄養過剰というのは吸収した栄養素が体の需要を超え、体の代謝に負担を増加するほか、余分な栄養素が体内に蓄え、また中毒すること可能性もある症状である。例えば、過剰のエネルギーによって肥満、過剰のビタミンAやビタミンDによる中毒、過剰のヨードによる甲状腺腫れなどだ。