栄養失調とガンの関係について

研究によると、約45%のガンと栄養要素が関係する。これは食べ物のカロリー、脂肪が多すぎ、そしていくつかの栄養成分が不足のためだ。栄養失調で誘発するガンに属するガンが胃ガン、直腸ガン、大腸ガン、卵巢ガン、宮体ガンや乳腺ガンなどだ早漏

1、高脂肪飲食

高脂肪飲食が大腸ガン、乳腺ガン、前立腺ガンの発症率を増加する。資料によると、大量の脂肪が女性エストロゲンの合成を促進して、ホルモン依存性癌(乳腺ガンなど)のリスクが上昇する。

2、蛋白質すぎる

長期に過剰の蛋白質を摂取することもガンになるリスクを増える。蛋白質が体内で吸収と利用の過程で「アミロイドベータ」というものを生み出して、器官変性を引き起こす。蛋白質すぎると異常細胞の生成を誘発して、同時に亜鉛の排泄を促進して、体内の亜鉛が不足なり、免疫機能を弱めて、発ガン率を高める。

3、ミネラル摂取不足

亜鉛、カルシウム、セレン、モリブデン、ヨウ素などの摂取不足したら、ガンになりやすい。例えば、セレンがガンを予防する能力を持つ。セレンが酸化防止剤で、フリーラジカルによるダメージを予防でき、癌を防ぐ作用がある。カルシウム摂取不足の時、腸内の胆汁と脂肪酸が増え、結腸上皮の増殖を刺激して、大腸ガンを誘発するレビトラ

4、ビタミン摂取不足

毎日1種のたくさんのビタミンCを含む野菜を食べる女性は乳腺ガンの発病率が食べない人の三分の一だ。ビタミンC、Eやカロテンは抗酸化作用があり、ガンの防止に非常に役に立つ。